<< ちょっと嬉しいかもよ(・∀・) 貧乏人のささやかな贅沢 >>

所詮アタシは・・

素晴らしいパスワークからのルイゾンの一点目。
素晴らしい杉君の個人技さえわたった2点目。
素晴らしい慶君のクロスに素晴らしい俊哉の飛び込みから得たPKの3点目。
素晴らしいヨンハのトラップミスを拾ってずばっと決めた豊田くんの4点目。
素晴らしい名古屋の完全無敵な試合。素晴らしくぐだぐだ柏レイソル。

その素晴らしき勝利の祭りのどのシーンよりも何よりも、
本田君にボールが入った瞬間に、
DFラインの裏にしゅばっと抜けた直志さんの飛び出しを見た時に、(別に抜けただけ、ボール受けてないです、あははん♪)

ようやく、

やっと

「6時間半かけてここまで来て良かったようーーーこれ見れたから良かったようーーーーーー・゚・(ノД`)・゚・。」

と本気で思った所詮選手オタなアタシでございます、こんばんわ。

普通にスタメンで出ていたならば、確実に「今、守る時間だから、ボランチまで下がって守りたいから」とかゆーて、
もはや攻撃行きましょい!なんて素振りはほとんど見せないのであろうに
後半残り10分で投入された直志さんは、右サイドをワンツーで抜けてこうと、「慶!慶!」必死こいてボール呼んでみたり。。1度ならず2度も呼んだよそれも。
最終ラインまで守備に戻った後も、またきっちり前線まで戻っていったよ。
豊田くんのゴールを生んだ、最初の最初は、直志の飛び出しからの折り返し。
本田君がCKに向った時、一瞬、ほんとに一瞬だけど、自分も行こうとしてたりして(笑)
あー、あと誰かのシュートが惜しかったかなんかした時には、ちょっと顔に手を当てつつ悔しがってみたりしてたかな~。

んで、最後のとこで、ダッシュ一発と。

そんなわけだから、あたしゃそのダッシュ一発を胸に家路につくよ・・と。
名古屋が取った4点よりも、アタシにとっちゃあ直志さんのダッシュ一発の勝ちなのだよ!どうだ!呆れたか!
と、少しテンション上がりかけたのであるが。最後のとこでつまずいた。

挨拶の場にいてくれるだけでも良かったと思おう・・と思って見てたんだけれども
いつもなら立ち止まって挨拶するバクスタは素通り。
いや、他の人は止まってたかもしれんが、直志さんは顔を向けることなく素通りだった。

んで、とりあえずゴール裏への挨拶は普通にやったけど、その後、いつもいつも腕疲れないのかな~(^^;)と思わせるくらい、
ずーっと頭上でぺちぺちやりながら、スタンドに挨拶して回っているのに、引き分けの時ですら。
なのに、やっぱりそれはそうなんだろうな・・やっぱり。
みんなで万歳した後は、トラックの一番内側を通って、顔も上げず、スタンドも見ず、もちろん手を振ったり拍手したり、まして親指GJなんてするわけもなく。
ただうつむき気味にすたすたすたすた帰っていってしまうのであったよ。

しょうがないよな、10分で何をやったでもやれたでもなく、
今日の爆勝に何もかかわっていないという想いしかないであろうし、そうなれば、それは黙って帰るしかないよ。
だけど、やっぱりしょうがないことだけど、見てたら切ないなぁ・・と。やっぱそう思うわけで。
正直言えば、このまんまじゃいずれ外されちゃうよ・・ってのは、ずーっと思っていたりして、、覚悟もしてたんだけども、
納得してるってのと、気持ちが凹むのは別物なわけでして。

そんな切ないです(´・ω・`)な気分のまま今日仕事したワシは
職場でため息100万回。
同僚に、「ため息で吹き飛ばされるよ」言われながらも、ため息、これまたため息。やむことのないため息。

先週に引き続き、どん底まで落ちたこのテンションを、またあの手この手で引き上げてかなくちゃならないな・・
がむばるけどもね、ネタは提供してもらったから癒されてみるよ。うん。

そういや、2試合前に直志ソングがやたら長すぎる件について書いたけれども
あはは・・F鞠戦とこの試合と、今度は一回も聞けずに終わったな。無理もないわけであるが。
それもまた聞けるように、んで頭上でぺちぺちして回れるように、
次かそのまた次かさらにその次のさらにさらに次になるのかは知りませんが、その時を一点集中で待ってますので、頼みます!!(`・ω・´)
[PR]
by nabo17 | 2005-09-12 00:25 | 生観戦
<< ちょっと嬉しいかもよ(・∀・) 貧乏人のささやかな贅沢 >>