<< 今更「Foot!」で。 ぼやきんぐ >>

ぼやきんぐは止まらない

~当時は抜いてパスをするだけだった。~
「局面だけで良かった。パスを出したらそこで止まってしまった」
ところが、今は180度発想が違う。
「そこからパスを出して、ゴール前まで走るのが辛いんですが、それが当たり前になった。
ジョアンに怒られ、言われ続けてきたので、もう身につきましたよ。耳が痛くなる程言われたから。
今では、相馬に出して、間に合わなくてもゴール前に走るようになった。最初はムリだと思いましたけどね」


ワシが選手として一番最初に好きになったのは、現柏、元鹿島の増田忠俊なんだけれども。
まぁ好きとゆーても、今のように、選手にくっついてチームも変えるというパターンの好きではなく、チームの中での好きの範疇ではあったんですけれどが。
増田くんは、98年に大きく選手として飛躍して、それまで縁のなかった代表に候補とはいえ呼ばれ、
さぁこれから!というところで、骨折という大きな怪我に見舞われ、結局復帰後も、その輝きを取り戻すことなく、鹿島を去り、
今は柏のベンチメンバーというところに落ち着いていたりするわけですが。
で、その増田君が98年、代表候補に呼ばれたときに残したのが上のコメント。
このコメントが、その後、鬼木さんを応援していた時にも、なんども頭をよぎり、
そして昨日の、とゆーか、直志を見てるといつもだけれども、昨日は特に頭をよぎり・・
ワシのサカオタ履歴に沿った他チーム選手コメントからしか引用出来ないのはご勘弁願いたい。

出来ないと思っていても、気持ち一つ、考え方一つ変えれば出来ることなんじゃないのかね?
直志にFWとしてDF背負えとか、判断スピード上げて、ダイレクトにぽんぽんつなげてみろとか
誰もそんな絵空事を望んでいるわけではないのだよ。
パス出してその後、自らも走る。
これってそんなに出来ないことなのでしょうか??
無理だと思ったことでも、やれないことじゃないでしょう。

2試合もスタメン外れて、監督代わって、結果見せなきゃいけない試合。
自分の力でどうしてなんとかしようと、もがいてみせてくれないのか。
下がってきたら、上がらない。パスを出したら出しっぱなし。
なんで自ら、限界線を引いて、そっから一歩たりとも踏み出そうとしないのか、越えようとしないのか。
安全パイばかり選んで、リスクを負わず、チャレンジもせず、無理もしない。
試合後にバクスタ住人からぬるい拍手で迎えられ、頭上で拍手しながらスタンドに挨拶してまわる。
なんなんだろう、この負けたことに対する痛点のなさ。感度の鈍さ。ありえないですけども。

しつこくゆうが、別にこれは今に始まったこっちゃなく、ずっとそうだったけれども
でも、昨日の試合は、さすがにお尻に火をつけてくれることだろうと、、危機感を抱いて、120%の力を出してくれるだろうと、
結果に繋がるかどうかは別として、せめて出してる素振りくらいは見せてくれるだろうと。
そう思っていた分、裏切られた感は途方もないよ。

一度でイイから、血反吐はくくらいぼろぼろになるくらい走り回ってずたぼろになったところを見てみたい。
とうとう力尽きました、と、そうね、力尽きてみて欲しかったよ。せめて。

増田君も相当な王様野郎で、やるときゃやるけど、さぼるときゃさぼる、かなりムラのある選手だったけど
結局、こういう指導者にめぐり合って、そのスタイルを変化させることが出来たのならば
直志にもそういうめぐり合いでもあれば、また違うのであろうか。。。誰でもいいから、変えてくれ。
[PR]
by nabo17 | 2005-09-25 21:53 | つぶやき
<< 今更「Foot!」で。 ぼやきんぐ >>