2005年 08月 28日 ( 1 )

不安的中!・・浦和戦。

こんな試合の後に、夜行バスでえっちらおっちら帰ってくることほど
やってられませーーーーーーーーーーーーーーーんヽ( ´ー`)ノという気分にさせてくれるものはなし。

予想通り、全ての運は試合前に使い果たした模様。

ですが、試合開始立ち上がりは・・・あれ?
やはりこれは上位には勝つ!とかゆうジンクスを守ろうという気持ちの表れ?
なんかとりあえずこの3試合では一番まともに攻めてはいるよ。
名古屋の時間のが長く、浦和の方は単発だ。

うーん、やはり気持ち?気持ちの問題なのかしら?とちょっと明るい気持ちも湧いてこなくもなかった。

直志も、ある時点までは前の2試合に比べて、かなりよく動いていたし、杉君の動きも良かったし、
とりあえず浦和があんまガチガチ来ないので、こぼれなんかも拾えていたしだ。

あ、ちなみにある時点っつーのは、一回井川の上がった後の尻拭いをしにエンドラインまで守備にかっとんだとこまでです(←早っ!)
「あ~あ~またそんなとこまで戻ったら、後がヤバイんだよなぁ」と思ったら、予想通りに、そっからがくっと落ちマシタ(笑)
さらにその後、2、3回守備にかっとんだら、ますます落ちまして、まあこんな感じ、見慣れた感じ・・というところに落ち着いてしまいました。
右サイド走らせるボール何本出すのもいいけど、そっから先に自分も入ってけ!と思ったところでむなしいなぁ。

けれども、そやってボールは繋げて、それなりに回して、そやって辿り付いた先にある、最終的な〆の形が、
ほぼこれ右サイドからのクロス・・・・_| ̄|○
ああ、井川のクロスに攻撃の最終章を託す・・・・・あり得ない、だから。
テレビで見返せばまた違うのかもしれんが、ワシらのとっから見た井川のクロスは
「何それ?ゴロ?ゴロクロス?」な代物にしか見えず、まぁそれが以外に中まで通ったりして
浦和どうした?とか思ったりもしたけど、どのみち何本転がそう上げようが点に繋がる気もしないわけで。

そんな感じで、名古屋が井川のクロスに全てを託してる間に、あまりにもアンラッキーな失点。
何せ前節があれだったので、楢崎は完全にはまっちゃったの?と思いましたが
一応スーパーセーブだったんだね、アレ。で、それがアンラッキーに働いてしまったと・・。

そもそもが左サイドをゆる~いDFで突破させ、CKにした時点でやばかったんだけれども
その後の2失点目で、さらにやばすぎなDFを披露する左サイド。
あー、確か直志が左にまで顔出して、パスコース限定したのであるが、その限定した先でカットしてくれりゃあいいものを・・
前にあっさり入らせちゃって・゚・(ノ∀`)
なおかつそっからあっさり崩されちゃって・゚・(ノ∀`)
んでもってあっさり逆サイド振られてあっさり打たれてあっさり決められて・゚・(ノ∀`)

ちょっと揺さぶられただけでこのテイタラクだよ!進歩ないよ~~・゚・(ノ∀`)

2点も取られて、取り返せる気にもならん・・
だが3点目を楢崎がこの試合唯一の見せ場、PK阻止!で防いでくれたお陰で、まだまだ!3-0と2-0じゃ大違いだよ、後半に望み繋がるよ!
と思ったものでした・・。

だが、そう思いながらも、ワシがハーフタイム中に、コチラ様に真っ先に訴えたのは

もうやだ!クライトンもうイヤ!もうあの位置で本田君やれんのか?え?やってくれへんのんか!?

という事でした。

そんくらい、神戸、FC東京戦と続けざまに見せられた、
クライトンの唯我独尊俊哉シカトしまくりの右への展開のみな攻撃に、もうほとほとうんざりで、
おまけにこの試合にいたっては守備もしやしねーし!!!
だいたいなんだってかんだっていつもこう左サイドはガラガラなんだよ!
ボランチはどこで一体何やってるんだーヽ(`Д´;)ノと大激怒ちうだったりもしたので

「いや、だめ、守備しないし、守備センスない」と、言われても
「どのみち今出てるのが守備してないじゃん!だったらまだパスに期待持たせてくれる人のがいいじゃん!」みたいなことを延々と・・
とにかくアタシはもうアレに攻撃の最初の選択権を握られてる事に我慢ができないーーーと。ああ、熱くなったものでした・・。

そしたらどうしたことでせう。

く、くらいとんが外れてる~~~~~~~*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!な後半。

3バックに変更の、ヨンハッの1ボランチ?それを直志と本田君でフォロー?みたいな?
よう分からないが、なんかとにかく・・・い、祈りが通じた・・・神様っているよね~~・゚・(ノД`)・゚・。

だが。

と、、、俊哉がいないし・・・・ルイゾン残して俊哉ひっこめるんだ・・そうなんだ・・そう・・。。
神様っているんだかいないんだか分からないよね~~~~・゚・(ノД`)・゚・。

こうして始まった後半は、前半よりチャンスっぽいものもあった気もするけども
本田君のカンフーボレーとか本田君のカンフーボレーとか本田君のカンフーボレーとか・・あれ?そいくらい?
杉君はさ・・・最後の一蹴りがアレなんだよなぁ・・・・あうーーー・・。。
あとは、増川君が上がったり、古賀っちが上がったりと、普段見れないもんが見れたとか?まぁそんな程度の楽しみを見出してね・・。

とりあえず、名古屋が上手く回ったとゆうよか、もうレッズが流しに入ったでしょ?そうでしょ?
ああ、だいじょびだいじょびどーせこっから中には入ってこれねーから
持たせとけ持たせとけ、省エネ省エネ、的にさ・・。。

だから前半と後半の違いを、単純には比較は出来ないわけだが、そいでもしばらくクライトンは見たくないやい(>_<)
でもって、ここにルイゾンじゃなくて俊哉がいたら、もっと面白かったはずなのに・・なんで俊哉が外れてるのか・・。
まぁ「きっとクライトンと喧嘩したんだ、で、喧嘩両成敗されたんだ、気の毒すぎて泣けてくるよあんなにシカトばっかされりゃ怒るよね」
とかゆう妄想の世界に旅立ってみなきゃやってられん感じでした。

試合後、他チームの結果を見て、なんか騒いでるレッズサポ。

あー、他チームの結果・・?
はははもう全然関係ない、どこが勝とうが負けようが、全くどうでもいい、この感じ・・。

そうか!これか!これこそが「中位の座」ってヤツか!

ええ、実はここ数年良くも悪くも味わったことのない感覚・・ああ、新鮮~~~教えてくれてありがとう名古屋さま~~ヽ( ´ー`)ノヤケクソ~
[PR]
by nabo17 | 2005-08-28 09:16 | 生観戦